旧Macから新MacへVirtualboxのWindows環境を移行!やり方を画像付きで解説

Macを新しく買い換えたので、VirtualboxのWindows環境を移行が必要に。

新MacへのVirtualboxインストールと、旧Macから新Macへの仮想環境エクスポート・インポートを画像付きで解説スタート!

新MacにVirtualboxをインストール

注意点として、旧MacのVirtualboxとバージョンを合わせる必要があります。

旧MacのVirtualboxを最新バージョンにアップしてからスタートすること。

では、前提条件がわかったところでインストールスタート!

Virtualboxのインストール

まずはVirtualboxのインストールから。

インストーラはVirtualboxの公式サイトからダウンロードしましょう。

インストーラ実行

インストーラ実行して、1の「Double click on this icon」をクリック。

「続ける」ボタンをひたすらクリック!

インストール先を変更する人以外は、ガンガン「次へ」ボタンをクリック

インストールフィニッシュ!

お疲れ様でした。

これにてVirtualBoxのインストールは完了です!

旧Macから新Macへエクスポート・インポート!

それでは旧Macからのエクスポートと、新Macへのインポート行きましょう!

【旧Mac】からエクスポート

VirtualBoxのメニューから「仮想アプライアンスのエクスポート」をクリック

【旧Mac】エクスポート対象を決める

仮想アプライアンスの選択画面が出るので、エクスポートしたい仮想アプライアンスを選択。

今回はWindows10をエクスポートするので、選択して「続き」をクリック。

【旧Mac】エクスポート場所を決める

エクスポートファイルの場所を指定して、「続き」をクリック。

【旧Mac】エクスポートスタート!

最後は特に触る必要なく、「エクスポート」をクリック!

これにてエクスポート完了です。

エクスポート完了すると、拡張子「ova」ファイルが出来上がります。

【新Mac】インポート設定スタート!

新MacでVirtualBoxを起動して、「インポート」をクリック。

【新Mac】インポートファイル選択!

エクスポートしたovaファイルを選択します。

【新Mac】インポート設定

設定画面で、今回取り込むインポートするファイルの保存場所を指定可能。

デフォルトは/Uses/アカウント/VirtualBox VMs。

外付けSSDなどに保存したい人は、ここで設定を変えればOK。

設定ができたら「インポート」をクリック。

【新Mac】インポートスタート&完了!

インポートがスタートして。。。

これにてインポート完了!

お疲れ様でした。

以上、VirtualBoxのエクスポート・インポート方法でした。

新旧MacでVirtualBoxのバージョン合わせておかないといけないのが手間。

バージョン違いでもエクスポート・インポートできるともっと楽なのに。。。まあ無料で使わせてもらっている以上、あまり文句は言えませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です