外付けSSDにMacOSをインストールしよう!やり方/手順を画像付きで解説します

旧型Macを外付けSSDで高速化計画!今回はいよいよ外付けSSDにMac OSをインストールしていきます。

ちょっとしたポイントというかコツもあるので、画像付きで詳しく解説しちゃいます♪

あなたも外付けSSDにMac OSをインストールして、旧型Macを高速化しちゃいましょう^^

macOSの入手場所は要注意!旧バージョンはiTunesですぐに入手できません

macOSはiTunesからゲットすることができます。

2018年末時点の最新版はmacOS Mojava。が、旧型Macを使っていると最新のmacOSがインストールできない場合があります。

私が使っているのはiMac late 2011。

Mojavaにバージョンアップできず、Sierraとなります。

旧macOSは、残念ながら普通にiTunesを起動してもゲットできません。

macOSをゲットするためには、AppleのサイトからiTunesへ移動する必要があります。

>>旧macOSを入手できるApple公式サイトはコチラです

ってことで、今回の手順紹介は上のサイトからiTunesでmacOSダウンロードページを開いた所からスタートです!

外付けSSDへmacOSをインストールするやり方/手順

iTunesのmacOSダウンロードページから「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロード完了すると、macOSのインストールが起動します。
「次へ」をクリック。

利用規約が表示されるので、「同意する」をクリック。

インストール先が表示されます。

今回はすでにフォーマット済みのSSD(私の場合はTrancend)が表示されるので、選択して「インストール」をクリック。

インストールが完了すると、自動で再起動がスタートします。

再起動すると、SSDのインストールがスタートします。

まずは国を選ぶので、「Japan」を選びます。

キーボードの言語を選ぶので、ここも「Japanese」を選びます。

次にWifiを選ぶので、家のWifiを選びましょう。

データポリシーの画面が出るので、Continueをクリック

データの移行を選べます。
MacまたはTimemachineからデータを移せるので、一番上を選びます。

Macの内蔵HDDかTimemachineから選べます。
今回はもともとの内蔵HDDからデータ移行するので、内蔵HDDの「Macintosh HD」を選びます。

移行するデータを選びます。
それぞれのデータ容量で、どのくらいか分かり、選ぶことができます。
私の場合は350GBくらいでした。

インストールするmacOSのユーザー(自分)を選んで、パスワードを設定します。

データの移行がスタートします。
私は大体5時間くらいかかりました(汗)

最後にiCloudの設定をして。。。

インストールできた所で、再び再起動。

最後にSSDで起動を選んで。。。

インストール完了です!

お疲れ様でした!

これでSSD化は完了。

長かった旧型Macを外付けSSDで高速化計画は最終回。

実際に起動ディスクを外付けSSDに変えてどうなったのか?ツールを使って計測したので、その結果を発表します♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です