旧型Macを外付けSSDで高速化計画!最初に外付けSSDにMacがインストールできる下準備から♪

旧型Macを外付けSSDで高速化計画!第2回は、外付けSSDにMacをインストールするための下準備から。

外付けSSDを買っただけでは、すぐにはMacはインストールできません。

ってことで、最初にやる外付けSSDの下準備スタートです♪

MacでSSDを使うためにはフォーマットが必要な理由

前回の記事でMacで使えるオススメ外付けSSDを紹介しました。

が、実は買ってすぐの外付けSSDをMacで利用することはできません。

実際私はMacのThunderBolt接続で使えるTrancendの外付けSSDを購入しましたが、Macで読み取ったり書き込んだりする事はできましたが、Mac OSのインストールはできませんでした(汗)

Macでの読み書きに対応しているSSDは数多くありますが、実はMacOSをインストールできるフォーマットにはなっていません。

MEMO
フォーマット」とは、SSD全体に設定するモノ。

実はOSごとに使えるフォーマットが違い、WindowsとMacでも違います。

問題は、MacはOSをインストールするためにはフォーマットが「MacOS拡張(ジャーナル)」じゃないといけない!という事。

通常購入したSSDのフォーマットは違うため、そのままではMacをインストールできません。

そのため、今回紹介する外付けSSDのフォーマットを「MacOS拡張(ジャーナル)」に変える必要があります。

外付けSSDのフォーマット手順!

まずは購入したSSDをMacに繋げます。

Macのアプリ「ハードディスクユーティリティ」を起動します。

ディスクユーティリティが起動するので、Macに接続したSSDを選択し、「消去」をクリックします。

フォーマットのドロップダウンリストをクリックします。

「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選びます。

ちゃんとフォーマット「Mac OS拡張(ジャーナリング)」が選ばれてるのを確認し、「消去」ボタンをクリックします。
※名前は好みで決めてOKです!

これでSSDのフォーマットが開始します。

最後にSSDがちゃんと「Mac OS拡張(ジャーナリング)」でフォーマットされた事を確認して、完了です!

お疲れ様でした!

次はいよいよ外付けSSDにMacをインストールする回です。

旧型Macを外付けSSDで高速化計画、次回で最終回ですよ^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です