旧型Macを外付けSSDで高速化計画!選ぶべき外付けSSDの見分け方とオススメはこれだっ!

どうも、ハワイコナです^ ^

旧型のMacを使っていて遅くなってきた。でも新型が出なかったり費用的に厳しいというあなた!

Macを外付けSSDに切り替える事で高速化が狙えます!

私自身、旧型のiMacを外付けSSDに切り替える事で起動が10倍以上、そしてソフト/アプリも5倍以上高速化できました♪

今回はそんな旧型Macに最適な外付けSSDの選び方をまとめました^ ^

最初の注意点!こんな人は外付けSSDにしても意味がありません

そもそもMacの起動ハードディスクがSSDのあなたは、残念ながら外付けSSDにしても意味がありません(涙)

Macの起動ハードディスクは「HDD」「フュージョンドライブ」「SSD」の3種類があります。

外付けSSDにして効果があるのは「HDD」と「フュージョンドライブ」の2つ。

Macを買った時に何も選んでいなければ「HDD」か「フュージョンドライブ」になります。

「SSD」を選んだあなたは、残念ながら外付けSSDを使っても効果は薄いので素直に買い直しましょう(汗)

あなたのMacはThunderbolt?USB3.0?まずは接続ドライバをチェック!

画面右上メニューのリンゴマークをクリックして、「このMacについて」をクリック。

「システムレポート」をクリック。

「ハードウェア」-「Thunderbolt」をクリック。
Thunderboltには無印、2.0、3.0とあります。
まずはThunderboltのバージョンをメモしておきましょう。

「ハードウェア」-「USB」をクリック。
USB2.0か3.0があるので、ここをチェック。

USB2.0の方は、残念ながらThunderboltの外付けSSDを選ぶしかありません。
USB2.0はデータの転送速度が遅いため、SSDを繋げてもスピードが出ず早くなりません。

よって、USBが2.0の人はThunderboltの外付けSSD。

USBが3.0の人は、USB3.0の外付けSSDを選びましょう!

Thunderboltにオススメの外付けSSD

私が使っているiMacはMid2011でUSBは2.0のみ。

ってことで、Thunderboltを選ぶしかありませんでした(涙)

ThunderboltはAppleでしか使われていないため、外付けSSDも高いものばかり。

いろいろ探した結果、一番安く買えてThunderboltケーブルも付いているSSDを紹介します。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B00NV9LSGW” title=”Transcend Thunderbolt対応 USB3.0/2.0 ポータブル SSD StoreJet for Mac 256GB 3年保証 TS256GSJM500″][wpap service=”with” type=”detail” id=”B00NV9LSEE” title=”Transcend Thunderbolt対応 USB3.0/2.0 ポータブル SSD StoreJet for Mac 512GB 3年保証 TS512GSJM500″][wpap service=”with” type=”detail” id=”B00NV9LTFW” title=”Transcend Thunderbolt対応 USB3.0/2.0 ポータブル SSD StoreJet for Mac 1TB 3年保証 TS1TSJM500″]

256GB、512GB、1TBと3種類あります。
しかも全部Thunderboltケーブル付き。

Thunderboltケーブルだけでも¥4,000ほどしますから、はっきり言ってお買い得。

それでも約2万円以上するので、USB3.0の外付けSSDよりも割高感が否めません。

が、USB2.0しかない旧型Macを使っている人はThunderboltの外付けSSDを買うしかありません。新しくMacを買うよりは安くすむので、割り切りましょう(汗)

USB3.0にオススメの外付けSSD

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B074PR614M” title=”Samsung 外付けSSD T5 250GB USB3.1 Gen2対応 【PlayStation4 動作確認済】 正規代理店保証品 MU-PA250B/IT”][wpap service=”with” type=”detail” id=”B074PQMPQY” title=”Samsung 外付けSSD T5 500GB USB3.1 Gen2対応 【PlayStation4 動作確認済】 正規代理店保証品 MU-PA500B/IT”][wpap service=”with” type=”detail” id=”B074PQMPR1″ title=”Samsung 外付けSSD T5 1TB USB3.1 Gen2対応 【PlayStation4 動作確認済】 正規代理店保証品 MU-PA1T0B/IT”]

250GB、500GB、1TBの3パターン。

250GBと500GBはThunderboltの外付けSSDよりも1万円ほど安いですね。。。

USB3.0対応しているMacを使っている方はおめでとうございます^^(う、羨ましくなんかないやい!)

 

以上、Macで使える外付けSSDの選び方と注意点でした!

次回はいよいよ購入した外付けSSDにMacをインストール手順を紹介します♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です